古都てくてく*KYOTO GRAPHIE(後半)・・☆


(all photos by emy's instagram )


京都に移り住んで今年で7年。

ジャストサイズの古都でも案外、見落としている名所が

数多くあります。


そんな名所を発見出来るのもKYOTO GRAPHIE の醍醐味。


東京出張から戻り後半戦は『二条城・御殿台所』からスタート!


『二条城』はお花見などで何度か足を運んでいましたけれど、

実はお城の中まで見学した事は無く・・汗。


ニッポンの歴史が変わった『大政奉還』の舞台として

連日、修学旅行生や外国人観光客&歴史好きの方々が押し寄せる

京都観光の中でも大変人気の高いお城です。


ほぼ毎日、お城の周りを車で走らせているにも関わらず

今回は初めてお城の端から端まで堪能しました・笑。




まずは著名人の数々のポートレートが並ぶアーノルド・ニューマンと

台所の中にどかん!と設置されているアンディ・ウォーホールの

ポップな車を見学。


改めて思いますけれど、

ポップと歴史建造物は独特な雰囲気をかもし出し

何処かしっくりと馴染んでいます・・不思議!笑




その足で城内を見学!

豊臣秀吉に並ぶ位、徳川家のセンスも豪華絢爛で・・。

特に屏風絵と複雑な彫刻が施されている欄間に感動!

今さらながら二条城の凄さを思い知らされた感じです・汗。

灯台元暗し・・とはまさにこの事!


そして続いてのてくてくは東山方面。


建仁寺境内の両足院で開催された荒木経惟氏の展示場へ。

毎年、何処かのお寺さんとコラボしているので

この時ばかりは頑張って足を運びます。


特に東山方面は清水寺を始め、多くの人気観光スポットが

集中しているので平日でも大賑わい。


なるべく・・展示会の時や友人をご案内する時以外は

足を運びたくない・・んですよね・汗。




日頃、写経や座禅の会を開いている『両足院』。

立派なお庭の中にアバンジャルドな掛け軸が・・笑。





写真も空間もお庭も茶室も・・何処も素晴らしかったです。


そしてまたまた観光客で賑わう花見小路を上がって行き

(京都では北へ向かう事を『あがる』と言います・笑)


今回最後の見学『ASPHDEL』へ。

此処では2010年に創刊されたファッション誌

『TOILET PAPER 』のショップ&スタジオが開催されていました。





イタリアを代表する現代作家と写真家がおりなす

ポップでビビットな世界感は多くの若者に支持を得ていて、


会場内も一気に年齢層が若くなります・笑。





此処を最後に置いておいたのは

きっと今年の写真祭の中で一番、エログロで

インパクト大だからだろうな・・と思っていたから・笑。


やはり最後にして正解!

も〜〜頭の中もアドレナリン大放出でした。





赤が強過ぎてemyも赤ら顔・笑。

いや〜・・

今年はインプットの年にしていますけれど、

様々な所でインスパイアされ

心も脳もリフレッシュ♡


様々なビジネス展開を考えている今、

KYOTO GRAPHEI は、本当に素晴らしい感覚を

呼び覚ましてくれました♪


2017年の後半中にアウトプット出来るのか??

それは流れに任せます・笑。




*emyの個人鑑定事務所『fenice』のページはこちらから・・*

0コメント

  • 1000 / 1000