emy's method*前世 Vol.8 絶対的恋愛モード・・☆

〜イタリア・バチカンのサン・ピエトロ寺院〜


近年では結婚率が下がる一方、離婚率が上がったり

恋愛を育む時間より、もっと楽しめる何かが

増えてしまい。

『恋愛』が本当におざなりになっていますよね。


かと思うと鑑定では

『出会いが欲しい』

『結婚したい』

『ずっとおひとりさまだと寂しい・・』


などのお悩みは年々増えて行っています。


世の中が便利になる程、

楽しみの選択肢が増える程、


男女のコミュニケーションが気薄になって行く・・

なんとも理不尽な現代です。


前世を読み解いている時、


〜昔の人々はなんて情熱的なんだろう・・〜


と思う事がしばし。


この情愛は50年前もまだ継続していました。

本当に此処、20年も満たないくらいに

恋愛事情は激変しています。


『男女の間に友情はありえない』


と問われる事がありますが、


現代ではプラトニックだけれども

仲の良い男女が多いのも事実で、


じゃー恋愛に発展しないのは何故?


と不思議に思われる事があります。


しかし、前世を通して見ると

その謎が解ける事もあるんですよね。


とある女性のお客様のケースですが、


ず〜っと仲良しだけれど、

恋愛関係にはならず、


かと言って全く恋愛感情が無い訳でも無いのに

プラトニックな関係が続いている男性がいました。


そして彼女の方も焦る事もなく、

進展を熱望している訳でもなく・・。


でも側から見ていると二人の関係は

不思議ですよね。


『彼と一緒に居たい気持ちはあるけれど、

別に彼から何のリアクションもないし・・

でも定期的に遊びに行くし、

連絡も良くとっている。

彼も別に私の事が嫌いじゃなそうだし・・

何なんですかね??これって??』


っとトーゼン、彼女は

この微妙な関係がずっと続いている事が

不思議に思いますし、

この先もずっとこんな感じで続くのか?

と不安になります。


そして彼の心を覗くと彼女に対して

『好き』と言う恋愛感情が出てくる・・


じゃ〜〜一体、何??

この状態。


って思いますよね。


そんな時はもっと掘り下げて

前世からの関係を調べる時があります。

(たまに前世の繋がりは無い!との答えもありますが・・)


するとこのお客様のケースは、

かなり昔になりますが、

前世の繋がりがあり、

男女の性別も同じで、二人とも遊牧民でした。

この頃は恋愛関係にあり、

当時の形で結婚していた模様。

しかし、もっと探って行くと

女性が先に亡くなっていて

男性は深い悲しみと喪失感はかなり大きいものでした。



なるほど・・


この男性の潜在意識の中に


〜大切なものを手に入れるとそれを無くした時の

悲しみが大き過ぎる〜


前世の記憶がある事を突き止めました。


だから大切な人ほど、一定の距離を保ち、

ずっと関係が崩れないように無意識な

行動に出ている・・。


と言う推理が出て来ました。


その推理を彼女に伝え

ある部分、納得は出来ますが

それは完全な結果には繋がっていません。


この前世の記憶に基づいて

今後の彼への接し方、言葉選びなど

お客様と作戦会議に突入!

何とか良い形で二人の関係が

進むように色々と示唆します。


これも鑑定のお仕事の一つです・笑。



そう・・

現代には


『絶対的恋愛モード』


がなかなか存在しません。

昔の人は

先立たれようが、

苦しかろうが、

恋愛の情熱を相手にぶつけて来ました。


もし、今のように

楽しみ事やひとりでも生きて行く環境が整い

便利になっていなければ、


彼はそんな前世の記憶を持っていたとしても


絶対的恋愛モードの瞬間は来ていた事でしょう。


前世の恋愛事情を見る度に

昔の人々の生活の基本は


『恋愛』


だったんだ・・

っとつくづく感じます・笑。


元々、種の根源は


『子孫を残す』


事ですからね。



*emyの個人鑑定事務所『fenice』のページはこちらから・・*







0コメント

  • 1000 / 1000