What is Luck ?Vol.2 『お金』と『運』の関係・・☆


〜ミュシャ展・スラヴ叙情詩より〜



あるドラマの中でのセリフです。


〜人は生まれた時に同じ数だけの『運の札』をもらっていて

それを何処でだすか、タイミングは違って来るけれど、

死ぬ時はみんなその札は使い切っていてプラスマイナスゼロになる〜


なるほど・・

これって、

全ての人は皆、平等。不公平は無い。

と一緒の意味だと思うのですが、

本当にその原理はあるな・・と思っています。

人それぞれ『寿命の長さ』と言うものがあるので

数の多い・少ないはあるかもしれませんが・・


そして『運の札』は平等に与えられていると思うと

何か嫌な事があった時にも


まだこれから運の札を出す時が来る!


とちょっと励みになったりしますよね。


しかもこの『運の札』はお金と似ている所があります。


それは


運は貯金出来る!!


と言う所です。


良い事をすれば『運』は貯まり

悪い事をすれば『運』は出て行く・・


そして貯まった運を何処で使うのかは本人次第。

使ってしまった運はまた良い事をして貯めて行くと良い。

と言う事です。


まさしくお金の


『生き金・死に金』


の原理そのもの!!


この表現方法が使われるお金は

やっぱり生き物なんです・笑。


何か嫌な事があったり気持ちがくさくさしている時、

衝動買いをする事ありますよね。

冷静になった時、


『何でこんなの買ってしまったのだろう・・』


て後悔する事が多くて箪笥の肥になる事はありませんか?

しかし、嫌な事があったり気持ちを切り替えたい時に

お金を使う事はその使い方によって

『運を貯める』方に変換する事が出来ます。


どーせだったら『生き金』にして

運を貯金したいですよね。


それは・・


〜人の幸せ&感謝のため、未来投資の為〜


と言う使い方。


人は気持ちに余裕がある時、周りに対しても

大きな気持ちで観る事が出来ているので


『あ・・これ買ってあげよう!お土産にしよう!』


なんて気持ち良くお金を使う事が出来ます。

しかし、

心に余裕が無い時、

とーぜん、周りの事は全く見えていないので

自分の感情の鬱憤(うっぷん)を晴らすためだけに

お金を使ってしまいます。

でも、そんな状態から脱却したい!運気の流れを変えたい!

っと思われる時には

『生き金』を使ってください。

例えば、


*友人に愚痴を聞いてもらう変わりに夕食をおごる。

*何か勉強や知識を得るために本を買ったりイベントに参加する。

*お祝い事に対して祝福してお金を出す。


など『人の為に』と言う所がポイント。

良く、周りが結婚ラッシュになって

お祝い金を払う機会が増えてしまうと

家計がぴーーんち!って思ってしまいますが、

其処は気持ち良く出して行くと

『生き金』となって倍になりちゃんと自分に帰って来ます。

そして『運を貯める』事に繋がって行くんですね。

『お金』は目に見える物なので

使い方、気持ちの入れ方によって運命を変える事が出来ます。

お金を払う前に


『これは生き金でちゃんと運を貯金している・・』


と自己暗示をかけてください。

すると『お金』に対するイメージも良い方へ

変わって行き、そしてその先には金運アップへと

繋がって行くかもしれませんよ♪




*emyの個人鑑定事務所『fenice』のページはこちらから・・*




0コメント

  • 1000 / 1000