倭(やまと)は国のまほろば Vol.14 太陽神とスサノオ☆

〜出雲の神々が大終結!祇園神社〜


二上神社を後にして、最後に五ヶ瀬町鞍岡地区に鎮座される

『祇園神社』へ立ち寄った。


高千穂にしては珍しく出雲国を作った『スサノオ』が御主神となっている。


名前の『祇園』の部分から考えても『スサノオ』がぱっと頭に浮かぶ。

京都の祇園祭は『スサノオ』のお祭りだからだ。


何故、今回最後に立ち寄ったかと言うと

ペンションの店主が


『本殿にあがると凄いものがありますよ。

もし、宮司さんがいなくても私の方から話をしておきますので

是非、本殿にあがって見てください』


と言ってくれていた。


また天岩戸神社から始る『高千穂レイライン』は二上山を通り

此処、祇園山が終点地でもあるので

何となく、終い参拝に相応しい神社だと思った。


『スサノオ』の他に『大国主命』『稲田姫』『事代主命』『イザナギ』・・


まさかここまで出雲国の神々が奉られているとは

驚いてしまった。


朱の鳥居の横には神仏習合の名残なのか

左右に石仏が鎮座されているけれれど、

その荒々しい風貌は

何処となくスサノオの雰囲気をかもし出している・・。


この神社の創建は大変古く、最初は飛鳥時代に創建されたらしい。

しかも、御神山である『祇園山』は、

4億数千年前の地層が確認されており、九州が島として現れた時

最初に隆起した山との事・・。


最近、淡路島の沼島に始り『○○億年前』の地層に触れる事が多く、

博物館の中で再現されているものではなく、

リアルな『地球の核』に触れているよでその壮大さに

ひれ伏せるばかりだ。


小さな島国の中で起きているとは思えない

壮大なジオラマたち・・


目に見えない自然エネルギーの凄さは世界屈指と言っても

過言ではない。

やはり日本は『まほろば』である。



本殿の両端にいる狛犬たちは赤い鈴と青い鈴を付けていて

何処となく愛嬌があった。


そして手を合わせた後、塩嶺なく本殿にあがらせてもらうと

端の方にこれまた不思議な写真のパネルやプリントが

山のように置かれてあった。


何故、祇園神社に置かれているか不思議??

と思いながら写真を眺めていた。


この神社の由来を読むと、

高千穂で疫病が流行った時に厄難消除の守護神として、

京都、八坂神社の『スサノオ』を呼んで来たらしい・・。


そんな昔から京都と高千穂は繋がっていたの??


とまた不思議な発見をした。


そしてもう1つ『祇園』と言う言葉の由来を

調べていた時に面白い諸説を見た事がある。


〜『祇園』は元々『ヂオン=太陽』の意味を持つ〜


日本語の由来を調べていると

その響きが古代ペルシャ帝国や古代ユダヤに繋がっていたり、

その点と線を結ぶ事によって新たなる発見に辿り着く事がある。


日本において太陽神は『アマテラス』

そして三貴神で『アマテラス』と『スサノオ』は、

イザナギの禊によって生まれた兄弟の位置づけになっている。

天岩戸伝説のきっかけを作ったのも『スサノオ』


また神様の占い『誓約(うけい)』はアマテラスとスサノオの間で交わされ、

島根県の日御碕神社で、西の方位からの守護を司っているのも

『アマテラス』と『スサノオ』。


そして『祇園=ヂオン』と『スサノオ』も繋がりがあり、

日本の中の不思議な伝説の奥には必ずこの二柱の神々が

存在している。


そんな事を考えていたら、高千穂に『スサノオ』はピンっと来なかったけれど、

『太陽神』との繋がりから考えると、腑に落ちた感じだった。


これから島根県へ向かう時だったので

その前に九州に鎮座される出雲の神々に

ご挨拶をしなければならなかっらのかな・・とも思った・笑。



*emyの個人鑑定事務所『fanice』のページはこちらから・・*








0コメント

  • 1000 / 1000